読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

lynnosukeのブログ

愛なんてそこじゃなくて生きてるだけじゃ足りなくて

一転

ワインレッド色のセダンが来た。学校までまだ早いな?ちょっと遠回りしてやるわ、煙草一本、吸えるぐらい。いつも連んでいる友人であったが助手席に乗るのは初めてであった。放課後、迎えに来た彼とわたくしの部屋にいた。何か二人でいるの変な感じがするね?

おでこへの口づけは相手を可愛がる時や愛おしいと感じる時
ほっぺへの口づけは好意や友情を示す
手のひらへの口づけは求愛の表現で自分の愛を伝える為の強い表現
首筋への口づけは男性から女性へする時、性的な意味をもつ
唇への口づけはお互いの愛情を確かめる
耳への口づけは、あなたを抱きたい

仰向けにされわたくしの両手を握りしめた彼から全てを受けた。
あのね?鏡を一緒に見ると仲良くなれるんだって。そう言うと彼はわたくしの頬に顔を寄せ嬉しそうに仲良くなれるかなぁ?と、言った。例外もあるかもよ?と、言ったら、こらこらこら、と、抱きつかれた。何か食べに行くか?俺が好きな所でいい?美味しいぞ、食べさせてやる。うん。今日で三回目に乗る助手席は指定席になった。お店に着き待っている間もわたくしのほっぺを撫でたり頭を撫でてくれた。料理が来ると、りんは猫舌だからな、フーフーとしたスプーンに盛られた食事をわたくしの口に運んだ。美味しい?うん。サラダも食べるか?まだ口に入ってるもん。食べさせてくれた。
あいつの車が駅前にあるから何をしているのかと思って聞きに行ったらよ、りんに電話をしてもまだ帰って来ていないからここに停まっていたら分かるかな?と、思ってさ。って、言ったんだ。え?りん?最近一緒みたいだわ。あの二人。あいつハマったね。
スタンドへ行くといつものメンバーが洗車をしていた。マフラー音に気がついたみんなはこちらを見ていたが彼は猛スピードでヤンキーホーンを二回鳴らし通り過ぎた。そしてすぐさまUターンをし洗車場に向かった。ねぇねぇ、コールきって突っ込んでみて。コールをきりながらみんなの中ギリギリまで車は突っ込んだ。本当に轢かれると思ったみんなは散った。ひとりは盛大に転び、ひとりはジュースの缶を投げ出した。わたくしは大笑いで車から降りると友人は、危ないから!俺、焦ってワックスの缶、踏んづけてこけたわ!靴裏にはべっとりとワックスが付いていた。俺、ジュース開けたばっかしで飲んでいないのに飛ばしたわ!りんが突っ込めって言ったから突っ込んだんだぞ、俺は悪くないね。そしてわたくしを乗せたセダンは交差点でドリフトをし夜道を走った。
あいつ、釧路に行ったっていうか逃げたらしいよ?りんは?りんは○○さんの横に乗っているわ。○○さん!?あいつ○○さんに追われているらしいわ。
一緒に鏡を見ても仲良くはなれないと知った。