読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

lynnosukeのブログ

愛なんてそこじゃなくて生きてるだけじゃ足りなくて

カマキリ

スーパーマーケットでレジ打ちのアルバイトをしていた。毎日来る配送業者の男性と顔見知りになった。三月二十五日、男性はレジの下の棚に小さなギフトバッグを置いた。誕生日プレゼント!わたくしは接客中であったから話はできなかったがレジ待ちのお客さんはこの光景に微笑んだ。休憩時間にギフトバッグを開けてみると赤いハートの形をしたケースにパールのピアスとハート型のピアスが入っていた。高価そう…と、同時におばさんくさい…と、思った。次の日も来た男性にお礼を言うと日曜日にご飯に行こう。と、誘われた。日曜日にご飯に行くとわたくしの向かいに座った男性は、緊張している?と、聞きながらわたくしの横髪を耳にかけた。髪の毛を触られるのは心を許した相手のみだ。嫌だと思った。プレゼントのピアス、今日していないね、気に入らなかった?わたくしは気に入らなかったピアスについて、落としたら悪いから。と、嘘をついた。仕事が忙しいのにわざわざありがとう。と、言うと、仕事中に買いに行ったんだ。と、言った。社会人が仕事中に買いに行った。この後どうする?行きたいところある?と、言われ、特にない。と、言うと、走っていたら寄りたい所があるかもね。運転中、この仕事だと時間がなくて彼女もできないしカネを使うったって特に用事もないしいい買い物だったよ。店員にピアスのケースどちらが良いですか?って聞かれてね、四角くて青いのと赤いハートのがあってね、プレゼントのお相手はおいくつですか?って聞かれて、十五歳って言ったら赤いケースの方が可愛らしいですよ、ピアスはちょっと大人っぽいデザインですが。って言われてね。それでも俺は気に入ってね。ケース選びを嬉しそうに話した。左前方にホテルが見えた。男性は言った。疲れたね、昼寝でもするか?一人で喋った男性は一方的に疲れたようだ。部屋に入るとさも大人がリードをするように、シャワー浴びてきたら?と、言った。わたくしはシャワーを浴びたかった。触られた髪の毛を早く洗いたかった。シャワールームから服を着て出ると、あれ?服を着てきたの?と、言われた。男性はマッサージをしてあげるからベッドにおいで。と、言った。男性がシャワーを浴びて出てくると服を着ていた。わたくしをうつ伏せにしマッサージをしてくれた。バイト、大変でしょ?掛け持ちだもんなぁ、偉いよなぁ、俺が十五の時なんて遊んでいたよ。様々な体勢にされマッサージを受けた。手足が長くカマキリのような男性がこの日以来、嫌いになった。捕食する気にもならない。貰ったピアスは先輩にあげた。男性は職を変えた。