読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

lynnosukeのブログ

愛なんてそこじゃなくて生きてるだけじゃ足りなくて

愚かなファッキンクライド

声が聞きたくて電話をしたわけではない。初老の債務者相手に何の魅力があるというのだ。魅力どころか心配なのである。電話口で痛みを訴えた君に対しまた心配をした。痛いのはこちらも同じである。それよりは軽いであろう痛みに対しまた心配をした。大切に大切に想っているからである。死なれては困るのだ。面倒見が良くそれ故に口が軽い。自己防衛の末路である。そこを傷つける気は無い。短所であり長所だと思うからである。人付き合いが下手なのである。それをも分かっているのに周囲が君を頼り君は勝手に疲弊をする。それは近くに居る人間もそうである。腫れ物に触らぬ様に顔色を伺う。わたくしは違う。総ての本心を持って君に語りかける。解ってあげたい、というか解っている。君もわたくしの懐は何となく解ってはいるであろう。君と初めて一緒に呑んだ時に言った。遠く離れて行きそうで心配なんだよ?えっ?わたくしはそんなつもりが無かったので驚いた。そんな風に思ってくれる人は居ないからである。いや、居てもわたくしが拒絶をしている。わたくしの本質など誰も知り得ない。わたくしが今、何を思って何をしようとしているのか?君には解り得ない事でしょう。それでもわたくしは君の事を常に心配をする。いつも気にかけている。独りで抱え込むからである。頼って来る人間は何かしら君のネームバリューでもって近寄る。本当はそんな面倒な世界が嫌いな君はまた面倒を見る。繰り返す。わたくしはそんな君をいつまでも見てはいられないのである。恥をかかせたくはないから外勤用のボールペン一本の為に帯広中を走り回った。三日目には疲労から寝込んだ。君がわたくしの事を想ってくれるのであればもっと大切に扱うであろう。今以上に大切に。しかしながらそこに踏み込む余力はもう無い。君は君が愛する人間の元へ。わたくしはわたくしを愛でる人の元へ高飛びをするであろう。幾らわたくしが文句を言っても聞き入れてくれるがそれだけでは足りないのだ。わたくしが奴をリリースしたんだよ。と、言った時に、俺をキャッチしてくれよ。と、言った。寝込んでいて夕方に会いに行き時間が無いから直ぐに車に乗り込んだわたくしは思った。いつも良くしてくれているのに横槍の男性にシフトをしたのを悪いと思っていた。なので、足りない。と、言い、君の元へ戻り首筋に口付けをした。わたくしの父と変わりがない年齢の初老にちすを求め喜んでいる。安らぎたいのである。今のわたくしなら君を抱え込み連れ去るであろう。土地を買って家を建てペルシャ絨毯を敷きモケットのソファーに座り暖炉を眺めながら酒を呑む。昨年まではその熱量がありソファーも探し当てていた。終の棲家である。今はその熱量なども無い。君がわたくしの事を好きでも何でも無い。と、知らされてからは。君の顔のタイプでもなければわたくしの顔のタイプでもない。それでも、ふと、一緒に居たら楽しい。ただ、それだけで。