読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

lynnosukeのブログ

愛なんてそこじゃなくて生きてるだけじゃ足りなくて

可視光線

出逢ったその日、黒曜石を手にした貴方は美しかった。石に水をかけ虹色の表面を見せてくれた。不規則にゆっくりと流れ落ちる水の雫は光り輝きゼリー状の硝子体は揺れた。不思議な空間であった。初対面で肩が触れ合うほどに真横に立ち体温を感じていた。遥か昔から一緒だった様な気さえした。石と一体化した微粒子と波動、そしてわたくしと同じ目をしていた。これは同じ者同士にしか分からない一点の黒、水晶体の上の虹彩。見なくても良い物を見てきた目。盲点である視神経乳頭には細胞が無い。その細胞にですら何かを刷り込まれた目。桿状体と錘状体に張り巡らされた三属性。貴方が導き出す屈折、散乱、回折、干渉をわたくしは吸収、反射、透過をした。加法混色の日々を過ごした。黒曜石のプリズムに分光され刺激値は直読された。視感は測色の方向。構成が色鮮やかに調和し合った時、感覚と知覚は遠い日々に巻き戻された。数年前、貴方とわたくしは同じ空間にいた。既に出逢っていた。数年をかけて開かれていた盛大な幕開け、引き寄せの法則。黒曜石が三原色の一つであった。薄明視の中で出逢ったわたくし達は色順応をする事はなく恒常的であった。同化現象ではなくあくまでも個々の色は明確に知覚をしていた。混色ではなく追出をしてきた。視認性と可読性を保ちながら表現感情と固有感情で効果をもたらした。具体的連想や抽象的連想を語り合った。等純系列を経験している同じ目。不調和とは明度の影響が大きいが貴方の美度で毎日が調和されていた。触れた指先は温かく合わせあった背中は大きく支えてくれた。初めてだった、温度がある髪の毛を保有する男性は。小さな灯りを一緒に眺めた。暗い部分が見えない人間にはその深さは分からない。眩しい季節を与えてくれた君をいつも想う。