読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

lynnosukeのブログ

愛なんてそこじゃなくて生きてるだけじゃ足りなくて

止まない雨

窓を叩きつける激しい雨音。殴られているかの様な凄まじい雷音。子どものわたくしは一人で布団に潜り母の帰りを待っていた。涙を流しながら待っていた。あの日の夜もそうであった。連日の大雨は勢いを増し屋根の真上から響く雷鳴に一人で心細かった。町内のアナウンスカーは避難勧告と断水を告げていた。雷鳴と同時に停電をし灯りがちらつく部屋で浴槽やポリタンク、水筒、とにかく水を貯めこんだ。携帯電話の電波は途切れ出し一人でうずくまった。わたくしは子どもの頃からエネルギーが爆発する音に敏感なのである。怖いのである。そんな時に遠く離れる友人から電話が入った。すがる思いであった。聞こえにくかったが確かに声を聞いて落ち着いた。あまり人には言っていないがわたくしはアリス症候群と脳内爆発音症候群という疾患がある。空に突き刺さりそうな高層ビルの鉄筋が一瞬にして崩れ落ちる大きな金属音が脳内に響く。全身は極度に小さく感じ頭は部屋中を支配するかの如く膨張感に見舞われる。心が壊れてゆく。いつも一人で。弱っていたわたくしはその友人からの電話で崩れてゆく何かを分かっていた。心が途絶えてゆく。離れてゆく。傷つけ傷ついてゆく中に自らが飛び込んだ。エネルギーが爆発する音に耐えられなかった。音に苦しむ一瞬に目の前を塞がれる。信じたかったのだ。誰かがいないと自分の存在自体が分からなくなる。心の暗渠に入り込んだ友人に安らぎを求めた。溢れ出した時、一人ではなかったが苦しかった。激しい雨はわたくしを連れ去る事はなく描いた想いだけが止まった。崩れてゆくのが早過ぎて今でも傷ついたまま涙を流しながら待っている。