lynnosukeのブログ

愛なんてそこじゃなくて生きてるだけじゃ足りなくて

なめ茸

f:id:lynnosuke:20200418162011j:plain

金土日は王子さんが晩酌をする日なので夕食のメニューも時間も別である。王子さんはお酒のアテに好きな物を買い調理をする。その中で冷や奴がある。見ているとお醤油やめんつゆでは塩分が高いのでなめ茸をかける事を勧めている。以来、本人はなめ茸を大瓶で買ってきていたが呑みが週3日であっても2回の冷や奴としても大瓶では減らないので何で普通サイズのを買ってこないのだろうか?と思いつつ和え物や玉子焼きで消費をしていた。そして大瓶だからとお豆腐の量に対してはかけ過ぎである。先日わたくしはデパートにてなめ茸を買ってきた。140グラム 410円。王子さんが呑みの日に、なめ茸あるよー。かけて食べていました。2度目の呑みにも冷や奴になめ茸をかける瓶の蓋を開ける音がした。しばらくしわたくしは驚愕をした。お豆腐に対してかけているなめ茸の量!王子さんが買う大瓶と違い味が濃いのに2度目にしてその消費量に、王子さん!かけ過ぎやって!塩分!味、濃いやろ!すると王子さんは言いました。豆腐から水分が出てちょうど良くなる。おいおいおいぃ!ちょうど良くなるなら最初っからかけるなやぁ!薄味で始まり何なら薄味で終わりぃや!中和されても塩分量は変わらないんだよ!?もったいないやんかぁ!ほうれん草のなめ茸和えを作るのに瓶を見て得も知れない感情が。たった2回の冷や奴に瓶の半分が消費されていた。たっけい!冷や奴だなぁ!とか思いつつもわたくしは節約をし人に与える。本人が喜ぶのならそれで良い。現代では様々な種類のなめ茸が市販されているので色々と試している。