lynnosukeのブログ

愛なんてそこじゃなくて生きてるだけじゃ足りなくて

f:id:lynnosuke:20201203015234j:plain

王子さんが録画をしてあった万年筆の次回を観ていた。この度はインクについて。やはり興味があるのか、例えばこれとこれを混ぜたら虹色みたくなるの?と聞いてきた。虹色?トリップしてんの?この人。笑。成分が違うと固まっちゃうから同じ成分の物であれば出来るよ、万年筆に特化をしなくてもわたくしが持っているカリグラフィーのインクなんかでは出来る。ただ沈澱とかの問題はあるよね。それならペン先でインクを替えてゆくのがデフォ。なんて言っていると番組でも色別に万年筆を替えると仰っていた。万年筆以外のカリグラやGペンのペン先でまず考え充填方法か、この間、言ったガラスペンの原理を思えば出来るよね?うん。←部屋の寒さに眠れず呑み出しているなりに観ていました。王子さんは車両整備の仕事なので板金やスケール塗装もします。お付き合いをしたての頃おもむろにわたくしにソリッドカラーについて質問をした事もあった。←あんた本職やろ。わたくしが色彩学とカラーコーディネーターをリアル仕事が忙しくドロップをした時の教科書を開きお教えし環境色彩まで語ったのは言うまでもない。わたくしが今ある万年筆のインクはこれ、ブラックなんだけれど箱、開けてごらん。丁寧に箱を開ける王子さん。本当はブルーブラックがタイプなんだけれど祖母に奪われた万年筆にインクはどっちがいい?と聞くと同時にブルーを使いなさいと祖母に渡した。手元にブルーブラックは無いんだけれど、前にメモを取る時に赤か青ペンって言っていたじゃない。あっれは、結局のところ印刷の文字黒と区別をする為の青ペンなのさ。王子さんが定年退職後、調色をしてインクボトルを作ってよ。と言ったら、面白いかもしれない。と、言った。