lynnosukeのブログ

愛なんてそこじゃなくて生きてるだけじゃ足りなくて

アームカバー

f:id:lynnosuke:20210623232304j:plain

f:id:lynnosuke:20210623232308j:plain

アームカバーを新調した。以前から使っていたアームカバーは色柄が気に入っていなかった。行きつけのショップにて急遽ジャケットのリプルーフをする事になり間に合わせで百均で買った物であった。それから五年間、出かける度に気にとめて見に行くもしっくりこず長袖シャツを買って袖で自作しようとも思っていたが気に入った柄のシャツも見当たらずまるで違ったパターンをネットでチェックしてあったのを注文した。チャイナポスト経由なのでかなりな時間を要したがこれでも二週間も早く到着した。色柄でチェックをしていただけなので封筒を開けてみると勝手にコットンだと思っていたのだがナイロン製でアームカバーなのでライニングは見えないが表面よりも濃い色になっていた、二重なのである。いいんじゃない、そしてもう一つ折り畳まれたピンク色の物が入っていた。ん?収納袋かな?広げてみるとバッグ!ピンク色だけでも嬉しいのに開くと仕切りタイプ!ちょうど昨日、身体の痛みが治まり指が動かせる様になったら本格的にかぎ針編みをしてみようかとかぎ針を検索し、毛糸が増えたらカゴか手芸バッグが必要だなぁ。と配置や色味を考えていた矢先にバッグのおまけが付いて来た。ずっと横臥をし不随意の痛みに耐え一日が長いわたくしにはおまけが凄く嬉しかった。アームカバーはナイロン製だったのだし。当初、三枚もいらないわ。と思いつつ注文をしたのだがリプルーフ用、染色用、ブーツ磨き用に納まった結果オーライ。室内での袖口が汚れる三原則。これに以前は油彩があったのだがそういった際にはスモック的に袖口がゴム状になっているロングワンピを着るのだが季節柄で暑いのでアームカバーはやはり便利なのである。オーダーメイドのエプロンが届けば尚更アームカバーが必要になる。ガラケから注文が出来る内に、必ず身体が元に戻るはずだと躊躇っていたが見ているだけでも楽しい。バッグに糸を仕切ってみたんだ。はっきりとは見えなかったけれど配色が美しかったよ。