lynnosukeのブログ

愛なんてそこじゃなくて生きてるだけじゃ足りなくて

断薬六年三カ月

月曜日と土曜日に熱を出し全身疼痛は強く腹部を殴られているかの様な痛みは蹴り上げられている痛みになり丸まり呻き声を出し寝返りすら出来ない日。熱を出せば丸二日は食べられない。口内激痛で水分すら補給が出来なくなるのを分かっているのでその前に2リッター近くの水分を摂取しておく。9時間後、その200ミリリットル程を吐いてしまう。その間、発汗でトイレは遠いが水分バランスは悪く全身不随意の痺れとは違う熱中症の様な痺れに襲われる。強いパーキンソン症状が起き不随意でお布団に身体を押し付けられる痛み、特に横臥をしている耳が痛く肩の骨の軋む痛みにイタイイタイ病の様に身体中が収縮をし床擦れる。前屈みの動作はそのまま前のめりに転倒をしてしまうので、気をつける。と、いつも記憶にあるのだが先日、熱と痛みで朦朧とし気をつけていたはずだが思いがけず強い不随意に後ろに転倒をしてしまった。顔面を怪我する事があり綺麗なままでいたいわたくしは後ろに転倒をしてしまったショックに呆気にとられたと同時に気をつけていた「はず」という自分の甘さに思い落ち込んだ。今日は手指が腫れ上がっているのでせっかく頂いた指輪が変形してしまわないかと少しズレても指輪の位置を直している。記憶には関してはぽっかりと抜けているのか何をしていたのか?あまり覚えていない。激しい全身疼痛でそれどころではない。両手親指は麻痺と変わらない所見かな。左唇と左舌があまり動かなく呂律が回らなくお茶をこぼしたりもするのだが文章にも呂律が反映され特にカタカナの「ラ」と「レ」を書く時に解らなくなる。記憶に関しては自分自身で反芻の時間を要する。子どもの頃の記憶が海馬から抽出されじわりじわりと嫌な記憶に置換し明晰術の中で心拍数は上がる。ステータスバーのイコライザーがマックスになり脳内爆発音症候群に首からじっとりとした寝汗が纏わりつく。体温調節機能は破綻をしているので異常な寒気と焼ける様な熱さに痛み。かなり苦しいが、いつだって生みの苦しみは空腹だ。解るかい?ストレッサーを。解らないのなら一番、簡単な手立てを言う。自分がこうなったのも自分のせいだ。今、どうなのか?誰かのせいにしてみたっていいんだよ。自分がこうなった原因は勿論、自分自身だし外的環境だという事。それなら辻褄が合うんだわ。

君は攻撃的な文章を書かなくなった。と言われ書けなくなったのも分かっているが人にも精神的なベクトルがあるんだわ。

生きている限り。しゃぁないんだわ、こればっかりわ。