lynnosukeのブログ

愛なんてそこじゃなくて生きてるだけじゃ足りなくて

王子さんと針

手芸番組を観ていた王子さん、俺の持っている針の穴!小せぇの!これぐらいの針の穴のがいい!何て針?と、聞いてきたので、刺繍針だね、刺繍糸って何本取りとかで糸の本数を増やしたり生地に針の跡が残っても刺繍でカバーが出来るからね、スパンコールやビーズなら生地がオーガンジーだとかでちょっと変わってくるけれどね。そしておつかいの日曜日、メモにわたくしは手芸針と書いた。本人に針穴の大きさは委ねようと。買って来たパッケージには手芸針、刺繍針と迷わなかったのかな?と、針である。木綿針なのだが通称、布団針!長くて太いのを買って来た。そりゃ、ゴツい手には長い方が使い易いだろうが本人が選んだ物なので使い用途で学ぶと思い、王子さぁん、本数、半分ちょしよ。と、伝えると、いいよー。わたくしにも使えるのだと思いご満悦であるが縫い物によっては今度は針が太過ぎる!とか言いそうだ。これをデザイナーの友人達に言えば苦笑いをするでしょうが王子さんなりに考えているのです。因みにわたくしは中学三年生の時に木綿針でピアスホールを開けました。画像は小学生の時から使っているピンクッション。母さん(祖母)との色違い。

枕カバー

節電と夏の電力不足を兼ねて冷感タイプの枕カバーを購入してみた。先日の雷鳴に一万二千個以上の落雷があったそうで起床後、暑いな…熱出たのかな…つって!停電しとるやんけぇ。早く枕カバーが届かないかな。昨年四月から髪の毛を伸ばしているのもありシルクカバーに。シルクのナイトキャップもあるのだが寝相の悪さも相まっておでこに跡が残るのだ。逆に枕カバーがシルクだと頭が滑り嫌煙しがちだったが何せ髪の毛を伸ばしているのだ。二十年ぐらい肩までだったのを肩甲骨ぐらいにしようかなぁと。肩までと言ってもアシメントリーなので左側がボブ右側が肩ぐらい。この髪型のまま前髪も伸ばしている最中でアシメントリーをどこでしようか考え中。天然パーマなので湿度や重みでも長さが変わるのとシャンプーでも如実に癖が変わる。子どもの頃なんて冷感タイプなんて無かったよ、なんてそれだけ気温が上昇している訳で。頭は冷やしておけば良い。

さよならスマホ

今月いっぱいでわたくしが使用している友人名義のスマホを諸事情により返却をする事になった。昨日ちょうど叔父さんが来たのでその旨をお伝えしわたくしの父宅に出向くところだったので今までどおりガラケの番号だけになりますと、そのガラケも繋がらなかったり着信音が鳴らなかったりとまちまちだけれどね。と。先日、会いに来たムスリムの友人(ムスリムだけにM氏)にも何となく話しをしてある。スマホが無くなればスマートウォッチとキーボード、スマホプリンターは不要になるがiOSAndroid対応で選んでいるのでガラケからスマホにすれば使える。なのでヴィデオトークは今月いっぱいで終わり。ガラケが壊れたら通話や友人宅の愛犬ミミたんの顔が見られなくなるのと親戚が高齢なので何かあった時の連絡手段が無くなる、万が一の身体の不調に救急車は呼べない、Twitterが見られない。通話は友人一名とM氏だけが毎日。災害時、王子さんの知的障害がある兄妹の福祉課からの窓口がわたくしなので繋がらないと又わたくしが行方不明扱いになる。それぐらいかな。それよりも昨年九月から友人にスマホ代をお支払いしてもらっていたのが心苦しく感じる。コロナ禍で職を失いスマホ料金が支払えずNPO法人での支援を頼りにしている人達も多いが先々、太陽フレアで通信網が最大二週間遮断される事を思えば友人達のご住所を知っておくのが良いと思う。電報すら壊滅するのであればお手紙。巨大地震交通機関が麻痺をしても何らかの手掛かりにはなるとは思う。

iPhoneから送信

解体料

所有する築120年以上の古民家の解体料に見積額A社310万円、B社280万円と高額な金額が弾き出された。母方の会社と自宅、離れ等の解体料に350万円掛かったのだが平屋にしては高すぎると思った。聞けば業者さんが忙しく下請けに頼むのでその様な金額になると言う。これまでの話では解体料の補助金制度があるのだが町の指定業者でなくてはならない。それ以前に古民家を視察に来たリフォーム業者が居る。古民家再生や修復、古材を利用した新建築、施工を主としている業者でもう20年も前であろうか訪ねて来て前向きな姿勢であった。解体業者の大工さんも古民家を見て立派な木材で釘1つ使っていないので壊すのはもったいないと言った程だか維持費が高額と老朽化もあり町では保存しないとなっていた。この度リフォーム業者さんが引き取ってもしかすると移築するかもしれない運びになった。先代の開拓者が建築した家であり文化財として所有していたのにも関わらず何十年も経ってから町は匙を投げたのだ。ロシアの戦争で木材が減っている状況に古材は貴重だと思っている。基礎解体費用の補助金は出ないのか?と確認中である。

女の勘

ずっと気になっている事がある。数ヶ月前、ムハンマド氏の奥様がわたくしの存在に喧嘩になったのだが後に友人と知り奥様が飲食を始めたら、タベニキテネ!タダダヨ!と彼は言ったのだがその後である。わたくしのSNSに奥様からリアクションがあったのだ。苗字でピンときて昨日ムハンマド氏にようやく奥様の名前を聞いてみたらビンゴだった。が!奥様のプロフィールである。交際ステータスに既婚ではなく複雑な関係なのである。リアクションがあった時からプロフィール写真は変わっているのに交際ステータスは変更されていないのだ。わたくしは当初から彼等の結婚に疑問視をしていた。そもそもわたくしの名前を検索しリアクションまでし何が言いたいのか?要するに監視されているわけなのだが相手の交際ステータスは複雑な関係である。わたくしを疑っているなら幾らでも話し合うがそうでもない。わたくしの存在に疑問があり既婚なのだから複雑な関係とはならないでしょう、SNSだよ?んで、どういう訳か奥様とわたくしに共通のフレンドが居るのだ。逃げられない環境でどういうつもりなのか?わたくしと友人になりたいのならとっくになっているはずで。そんな彼も奥様に紹介する気は今後あるが奥様が居る時の連絡はNGとなっている。友人なのだから良い気もする反面、結婚したのだから連絡は取らないとわたくしは言った事もある。しかしながら彼は自分の近くのマンションにわたくしを住まわせるとまで言った。これはそういう宗教観もある。口調が柔らかいので皆んな話しやすいんだよ。と言われるわたくしだが意見はきちんと言う。口に出してはいけない事は墓場まで。なので奥様と友人関係になり何らかの事実を知れば彼には言えないがやはり純粋な彼の幸せを思うと黙ってはいられないと思う。現にあの夜の夫婦喧嘩の際の深夜、非通知で着信があった。わたくしは出なかったのだが明らかに奥様でありマウントを取るのであればコールナンバー通知でしょう。自己の利権だけであれば理路整然と話を聞くつもりでいるがそうなれば彼にも言い分が出るであろうにわたくしは余裕綽々で居る。

自然界

雷鳴が凄かった。今まで生きてきた中で初めて聞いた音。爆発音ではなく凄まじい破裂音に近く拙宅の頭上で二時間は鳴っていた。破裂音にも周波数の限界があるよなぁ。と、頭の片隅にて停電時に備え浴槽には水を貯めランタンの準備もOkay。FBのフレンドさんに凄い方が居る。先日、夜空が赤く染まっていたらしく一週間以内に地震が発生するかもしれないので気をつけて下さいね。と、最初の投稿。次に、前回の投稿から今日で一週間が経ちました、気をつけて下さいね。の投稿の直後、本当に地震があった。そして今回である。魚群が異常な動きをしているので気をつけて下さいね。その投稿の後、石川県で震度六弱の地震があった。時が止まったと同時に石川県は母方の祖父の故郷であり親戚も居る。鳥肌が立った。この先、巨大地震があり自然界の猛威が来る。本当に戦争なんて人為的な争いをしている場合ではないのです。爆撃をした分、空から怒りが墜ちて来る。大雨では氾濫し地面が落ちる。戦争自体もミサイルを造る費用も無駄だと思う。人間の強欲が自然破壊を招いているのにいつまで経っても変わらない。雨も止み身体の痛みが少しだけ弱いので一人ちびちびと呑んでいる。自然災害と病気では死にたくはないなと。老衰が一番自然体であり痛みも感じない脳内物質が伝達される。肌活だけではなく死に様の美学がちらほらと。腐りたくはない。