lynnosukeのブログ

愛なんてそこじゃなくて生きてるだけじゃ足りなくて

暖炉

この地に引っ越し三十年が経った。転校をする際に担任教師は丸一日わたくしのお別れ会をしてくれた。普段あまり会えない父が教室の後ろで見守り給食の時間、父は食事を遠慮し傍に居た。休み時間に父と居たく近寄ったが友達と遊んでおいでと言った。五時間目、西小学校生活最後のわたくしの挨拶。胸が詰まった。そしてプレゼント交換。入院前の母とサンリオで買って貰った鉛筆とメモ帳。クラスメートは色々な物をくれた。父の車に乗り発進をした。揺れる車内。後ろから声が聞こえ咄嗟に振り返った。クラスメートが手を振りわたくしの名前を呼びながら車を追い掛けて来ているのである。あの時、父は速度を弱めていたのだと思う。ずっとわたくしの名前を呼び手を振りながら追い掛けて来るのである。父は車を停め友人達を送ると。いつも一緒に居たみんなが乗り込んだ。冷えた外着に汗ばんだ友人達の笑顔。車内の窓ガラスは曇った。一人一人とさよならをし最後に精神病棟に入院中の母に電話をした。じゃぁ、行くね。祖母と曾祖母に見送られ手を降った冬。祖父と叔父さんは居なかった。父方のこの地に進むにつれ雪深くなっていった。
あの日は吹雪だった。
君が冬の文章を書かなくなったのは僕のせい。
違うんだ。わたくしがあの光景を受け止め切れないんだ。
皆に守られ、幸せです。
本当にありがたい。
https://youtu.be/iq7FlafShEU

最近、考えていた。行きつけのショップのオーナーやスタッフは年下なのだがお兄ちゃんみたく感じる。二十歳下のスタッフに至っては同い年ぐらいに感じている。これはわたくしが身体的に出来る事が少なくなり頼っているからか皆が男性とし大人になったからか。スタッフを見る限りにも大人びたのは確かなのだがわたくしの精神年齢が止まっているのかと。もしくは退行しているのか、だとすると確実に老化に向かっているのだが。二十年以上前に会った時にはどうだったかと考えた。やはり当時から同い年ぐらいに感じた。問題はわたくしなのである。最初から妹キャラである。という事は低脳なのではないのかと。友人女性は年相応なのだがわたくしは十代から本当に変わらないと言われる。どこかで書いたが変わらない人間というのは実は日々進化をしているのだがわたくしはいつからか止まってしまったのではないか。確かにパニック発症から止まっているのだがそれ以前に。わたくしの母を思い出すと皆に可愛がられていた。これは何故なのかと二日ばかり考え答えが出た。端的に言うと素直なのである。繋がった。以前オーナーに凜ちゃんにハマったら危険だよ?どうして?凜ちゃんねぇ、素直だから。そういう事か。素直だと可愛がられるのか。確かに友人達に凜ちゃんが心配で心配で!高校生の頃から見ているから悪い虫が付くんじゃないかって俺!心配で!心配で!と会えば必ず言われる。素直だと騙されやすいからかもしれないが騙されても騙した人を誰か一人でも信じてあげないと駄目になると思って身を削る。口八丁な人間はそもそも欠落をしているので見抜いているが自分が選んだ友人とは平等でいたい。記憶力が良い人間は子どもの頃の躾が厳しかったというデータがある。余談だが両親は末っ子を可愛がり祖父母は長子を可愛がるそうだ。エニアグラムをかじったわたくしを本気で騙す友人もいないのだが何せわたくしを敵に回したら厄介だと言われる。怒らせたらヤバいと。倍返しどころか身包み剥がされると。子犬が狂犬になるからおっかねぇんだわと。
今年は何故か亡くなった母が生きている様な気がする。わたくしもそろそろ連れて行かれるのかパラダイムに迷い込んでいるのか。
ママ?学校でのいじめは言わなかったけれど皆に可愛がってもらっているよ。
ママ?
http://lynnosuke.hatenablog.com/entry/2017/04/29/114442
https://youtu.be/npqnhIu7-ho

青空

http://lynnosuke.hatenablog.com/entry/2018/03/22/032318
春の憂鬱。新学期は長い日々の始まり。窓際の一番後ろの席で外を眺め先輩の迎えの車を待つ。就職をし仕事を覚えると同時に自動車免許取得の勉強。三月末が誕生日のわたくしは免許取得が五月一日。お金が無い中タクシーでの通勤。送迎をしてくれていた先輩は人事異動と同時に亡くなった。現場仕事が始まる際パートさん達の仕事の準備を一人で。色彩学を学びながら歯科助手の仕事の暗記。水色のナース服。母の死。春に出逢い春に別れる。特に九十年代の別れは今もわたくしの心に住み着き胸の奥底で解放されずその当時の香りがどこかで鼻腔を掠めるとぐらっと感情を持って行かれる。謂わば十代の青春の時に見た青。道端で背後から名前を呼ばれ振り返った瞬間に抱き締められた水色、わたくしの青いデニムを着、汗で脱ぎ捨てて行った青。最終列車に送ってくれた青。波が茶褐色に枯れる孤独。冷えた暗いトンネルをいつも一人で歩く。季節は要らない。
https://youtu.be/kFjjm_5iSiI

日常

久し振りに痛みで気を失えた、何度も。熱が下がらないので熱があるとソワソワとし眠れないのである。この眠れない時間は長く痛みに耐えわたくしにとっては効率が悪いのである。何故ならばわたくしが文章を書くのは夢の中なのである。映像や言葉が浮かび明晰夢で組み立てているからである。もしくはかなりアルコールが入った状態でないと書かない。昨年から吐き気がありアルコールどころではなく先日あまりの睡眠不足に寝酒にビールでもと思ったが一口が不味く呑めなく飲み込めない。そんな状態なのだが気絶をし目が覚めそうな時に夢を見た。グレーのケミカルウォッシュのデニムジャケットに絵画が描かれたサルエルパンツでショップに行った。そして映像が逆再生され脳内に飛んだ単語はカースト制度。そして目を覚ました。これはショップのオーナーやスタッフが見た事がない服や靴を皆、見せに行く習慣があるからである。ショップ側も今度、着て来てね!や常連客同士でも今度、着て来る?といった会話で皆が成り立っている。会いに行けないわたくしはその夢の中で服を見せに行った。皆が凜ちゃんでしょ!と笑顔であった。そして皆どうしているかなぁ…会いたいなぁ…と想っていると美術館通り、あの草原、お祭り、街中を一緒に走りクリスマスパーティー。走馬灯に記憶が写真の様に浮かび現実に涙が溢れアイパッチの下のコットンが吸い取ってくれた。音が大きく聞こえる。音のうるささに耳栓をしていた頃があるが王子さんの生活音が尋常ではないボリュームで聞こえ確かに耳の中もキーンとししみる痛みが起きるのである。わたくしは脳内爆発音症候群があるのだが爆発音というよりか高層ビルの鉄筋が崩れ落ちる凄まじい金属音なのだが咳払いですらそれくらいのボリュームで聞こえる。映画モーツァルトとクジラの女性も金属音に耳を覆ったのを思い出した。昨年だったか友人に君は攻撃的な文章を書かなくなった。と言われた事があるがそれはきっと激しい痛みにそれ以上の熱量で書いていたらショック死をする気がしていた心のどこかで。怒りの発散をすると抑圧されている感情にボルケーノが湧き上がり制御が出来なくなると解っている。誰かの為に生き様とするヒトは死を選ぶのだと。
今日、二口、ご飯を食べたよ。

紙の媒体

本を待っている。今月わたくしはお誕生日なのだがネットにお誕生日ポイントというのが入っていた。わたくしはポイントに疎く今までポイントが貰えるのを知らなかった。期間限定ポイントらしく使おう。しかしながら必要な物が無くそのポイントを利用し友人への本を交換した。一昨年だったかコンビニのポイントカードに目覚めたのだが今ではコンビニには行かずポイントカードすら無くした。わたくしの友人達は本を読む方が多い。本屋さんで友人達同士がバッタリと会う事もあるそうだ。そこで凜ちゃんメールくれないんだけど?なんて会話もあるようでわたくしは目が痛くブログを書いたり文章を書く為に目を休めているので友人とメールをしている場合ではない。そして不随意で本を持っている事が出来ないので新たに本は買っていない。600冊ぐらいしか所持をしていないのだが置き場所も狭くなっているのだ。タイトルは忘れたが平積みされた本にロープを巻き湖畔に辿り着く文章を書いた事があったっけ、末期の水を飲みブーツのストラップが切れた的な。以前、行きつけのショップのオーナーと本の話になりオーナーがニーチェとかを読んでいる奴はヤバいっすよ。と言ったので女優の三田佳子さん?の御子息はね?ニーチェを読みながらクスリをキメていたみたいだよ?大体そっち系はヤバいんすよ。でね?小向美奈子さんだっけ?二回目?に捕まった時にトルストイ戦争と平和を読んでいたってぇ、わたくしもその辺は持っているけれどドストエフスキーの罪罰を読んだ時に気が狂いかけたよ?読書感想文を書く為に読んだんだけれど頭がおかしくなりかけたよ。本は毒なのである。文章を書く人間ならば他人の作品を読んでいたら趣向がそちらに傾かない?影響をされて。そうすっよねぇ。真剣に読んだら本当に狂うよ?
本をプレゼントされる事もあるがわたくしも本をプレゼントする事がある。本を読む男性の姿は美しく頁のめくり方にも癖がある。静かに次の異国に踏み入れ最後の頁を綴じ現実を見つめる。
晴れた風の日に。

http://lynnosuke.hatenablog.com/entry/2018/06/09/013327

持ち物

[
昨年七月、第一回目となるバイクのイベントがあった。イベントに行く時にはなるべく片手や両手を開けておきたい。何故ならば久し振りに会う友人とハグをするか後ろから抱きつくからである。まぁ何かを持って行っても手放しで放り投げるだろうが。探り探りで行ったイベント、ステージ周辺にはテーブル席が沢山あったのだが行きつけのショップの出店は球場の一番上。わたくしは椅子を持って行ったのだがバイクで来た友人はずっと立っているかしゃがんでいないとならなかった。ビーチマットを持って行ってあったのだがストール素材で二日前に降った雨に芝生が湿っていた様で友人のジーンズが濡れてしまった。九月アメ車のイベントの約束があったのでわたくしは皆で座れる二メートルのレジャーシートを買ったが最後のイベントとあり皆に椅子が当たった。
昨年七月バイクのイベントではレースや歌、早飲み等が行われたのだが特にする事がなく一部のスタッフ達がこれ失敗じゃね?と言っていた。現に友人達がわたくし達とは離れた所に居たのだが何もする事がなく途中で走りに行った。バイクのティームの集まりで来ていない個人の方達はずっと駐車スペースに居りやたらに盛り上がっているわたくし達を見ているだけであった。後日、行きつけのショップのスタッフに、あれ、店も少なかったし身内でやってるもんじゃないっすか。と言われた。確かにそうなのであるが台数はかなり来ていた。そこでわたくしはそのバイクのティームの繋がりを教え言った。バイカーって身一つじゃん?何かを買って持って帰れないのよ。メディスンバッグに入るのって限られるじゃん?何ならバッグですら積んでいないじゃん?あぁっ!そうすっよね!なのでお店の紹介ぐらいな感じなのさ、次に繋がるぐらいな。場所代も払っているからプラスにはならないよ?そっかぁ…社長、幾ら払ってんすか?場所代。○○○円。そこでさり気にわたくしは昨年から考えていた。皆でお喋りをし大騒ぎなのだがその時間に友人の靴磨きをしてあげようと。わたくしは出張靴磨き用にブリキの缶にシューズケアを入れエプロンを持って行き更にはサンダルまで持って行くのだが昨年のイベントを踏まえテーブルを持って行こうかな…芝生なのでドリンクカップが安定をしないのである。わたくしの椅子にはドリンクホルダーがあるので良いが。暑さに弱い友人の為に扇風機を持って行こうかな…靴磨きの仕上げの時に高速で摩擦を掛けるのでわたくしの扇風機もいるなぁ。昨年、来られなかった友人が来たら彼も暑さに弱いなぁ。やー、荷物が増えるわぁ。とわたくしはスーツケースにレジャーシートと靴磨きセットを入れた。ほんならスーツケースのファスナーが閉まらないの。スーツケースの上に乗り無理やり閉めようとしていたら全身不随意でひっくり返ってしまった。更に不随意を庇い尾てい骨を打ってしまった。何だか七月のイベントに行ける気もしない。きっと夏も台風の影響で身体が。今は痛みに脂汗や寒気やら。肌のターンオーバーも遅い。王子さんが呑み会で居らんと発声をする事も無くボケる。毎日の夕食とお弁当の献立を考えながら歩んでいる。
愛を知らなく愛されたかったのですよ。
もしかすると究極の愛を愛眼しているのかもしれないが。
行けなくてもいい。楽しかった記憶の底に堕ちるから。
皆の声が膨張をし揺れる聞こえが悪い耳と眼で捉えていたから。それだけで。
f:id:lynnosuke:20190319005338j:plain]