読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

lynnosukeのブログ

愛なんてそこじゃなくて生きてるだけじゃ足りなくて

道化師

向かいに住む義手の老人が犬を伝い散歩をする時、盗みを働くロシア人が走る。ゴミ捨て場の残飯を貪る盲目の野良犬。北側に鎮座する王子製紙の煙突。賑やかさを失った親不孝通りの寂れた呑み屋街の看板。刺青の男達が御神輿を担ぐ港祭り。小さな橋の上の銭湯。曾祖母に連れられ聞いたお坊さんの説法、数えた数珠の数。路地裏を通り抜け広がる浜、潮の匂い。ガラス石を拾い上げ港へ向かうフェリーを見つめる凪の日。36号線沿いの粉塵にまみれ歩道橋を渡り通った西小学校。下校途中に遊んだ樽前神社。恐る恐る開ける家の玄関。部屋の至る所から出て来るウィスキーの空き瓶、暴かれる現実。這いつくばりながら息を荒げ自分が産んだ子どもが居るか寝ているわたくしを確かめに来る。生き別れがいいか死に別れがいいか…と、電気を点ける顔面血だらけの母親。右目で見たトーチカの様な暗い不気味な奥の部屋から引き出される全身血まみれの母親。夕陽を浴びながら祖父母を呼ぶ為に必死に路上を走る小さなわたくし。祖父と家まで走った夕刻。革靴のまま部屋に入った祖父を止めては行けないと思った。更に出刃包丁を腹に突き立てる母を取り押さえる父と祖父。もう、駄目だと思った。祖母である母さんと手を繋ぎ歩いたナナカマド並木道。見てごらん、三日月だよ。見上げた儚く重い薄暗い空。市場が放つ野菜と果物に混じる魚の血の匂い。蔦を這わし延びてゆく朝顔。カーテン越しにこちらを見つめる隣人。新聞紙の上で息絶えた兎の亡骸。無情に廻る風車。止まったままの壁掛け時計。
苫小牧 浜町

過干渉

他人に求める時とは自分に求めている。周囲から取り残される恐怖心から。金銭や地位、そこから不安が生まれる。互いを生かし合えていないからである。明確な条件がある場合、それを満たせば付き合い、明確な基準が無い場合、何となく付き合う。価値基準が変われば別の人へ。学生から社会人になっても友達でいられるのは生活水準が同等だからという。わたくしは周囲が驚く程に人間関係を整理する。利害損得という感情を相手が持っているというだけで利用されているだけである。こちら側に愛情ではなく同情を求めているだけである。そんな人間をいつまでも同情をしている場合ではない。美しい世の中を創るのは自分である。どんな関係でも出会いは予定調和である。嫌な気分にさせられてもそれは自分を反映させてくれる。色々な物を教えてくれる人もいる。そして別れる可能性が必ず含有される。それでも一緒に居られるのは余程、懐が大きく愛情に溢れているか単なる無関心である。互いに引き寄せ合っていた日々も確かに存在していた。自分を守る為に。最初から脆弱性があった。独り立ちできると気づいた時に離れる。助けを呼ぶ前に反応をしてくれるのが友達。助けを呼んだ時には遅いのである。出会った人間は財産である。捕らわれなければ貯蓄された思いは美しい。男性は悔しい時と嬉しい時に涙を流す。女性は悲しい時と有益の為に涙を流す。男性脳と女性脳の違い。誰しもバランスを崩すがそこに居てくれるのが友達であったり恋人。見ていられない景色をも一緒に見て涙を流してくれる。居心地が悪くなると人生の時間を短く感じ始め焦る。居心地が良い人間と居るとその場では短いが人生を長く感じる。将来性があるから。疎外感とは自らが創り出す。独りで居られない人間が誰かと居ても上手くは成立しない。友人に、りんちゃんと話していると小さい事が気にならなくなる、どうでもよくなる。と、言われた。どうでもよくなるのはあまりにもだがわたくし自身どうでもよいという感情を持ち合わせている部分がある。これはパニック症を患って達した出来ないものは出来ない。自分の設定値を上げすぎていた、頭が悪いので。取り繕った人間よりも孤独は美しい。その美しさを身に纏う。何かを求め過ぎていると人の目が気になる。緩く生きる為のマイナス作業。閉ざされた扉を開けた時、重たい鎧を落とす。人の流れをゆっくりと感じながら。

ユートピア

二つの花が咲いていた。蝶が蜜を愛で舞っていた。花は木箱に入った道標を頼りに音楽とフルーツバスケットを携えてカペラを探す旅に出た。揺れ動く色鮮やかな葉っぱをすり抜け笑いあっていた。季節の匂いとイタリアの香りの中を走り回った。大きな砂時計に出逢った。立ち止まって流れ落ちる砂を見つめた。時間が止まりそうな瞬間、二つの花は砂時計を反転させた。誰かが居れば止まる事は無い砂時計。小さな二つの花は前へと進んだ。あちこちに散りばめられた綺麗なビーズを集め走り回り心の扉を開ける鍵を見つけた。跪いて足下の汚れを綺麗にしてくれたのでお返しに両手の中に光るツリーをあげた。何度か雨に当たった。寒がる君を温めた。思いは一つ。色々な物を分け与え創り上げた。歌声は響きカペラを探す旅は続いている。

夜明け

深夜、乾いたボブディランの曲を聴きながら静かに熱い涙が溢れ出した。暫くの間いなくなる。と、言われた。足早に駆けてゆく足音が人混みに消えて行った。一度だけ振り返って本当に行ってしまった。果たして行き交う人々の中で幾人が幸福なのだろうか。思い出が溢れ出した。わたくしは一人、灰色の空の下で立ち止まった。朝は太陽となり照らされ夜は迷わぬ様に月になってくれていた。遠くても毎日。あの頃、貴方はわたくしの中で宗教であった。絶対的な尊敬をしていた。連絡も取れずいつ戻るのかも分からない日々。帰省本能がある貴方が必ず戻ってくると信じていた。寂しさが押し寄せる。壁に描かれた絵画の様にいつも傍らにいてくれた。時に攻撃的な才能に惚れていた。無条件に守ってくれていた。恋という好きだという感情を知った。愛という思いやりを与えてくれた。太陽も月も見えない暗い部屋でわたくしは目を開けていた。止まった時間の中で想いは消える事は無かった。数年をかけて目を閉じるとゆっくりと足音が聞こえた。暖かな空気に変わった。あの日のままわたくしは目を開けた。そこには貴方がいた。沢山の光と導き出す星と共に戻ってきてくれた。目の前は光り輝き優しさに包み込まれた。ありがとう。

肉体の風化

進化の毒性。空中で撃ち抜かれた鳥の風切り羽根が幾重にも頭上に降り注がれた。先人達は破壊と創造を繰り返してきた。あてもなく走り出し吐息を奮わせ両手を広げ飛び込んだ世界。進化をしてゆくのには必ず傷を背負う事を約束される。カフカは言った。地上的な希望はとことんまで打ちのめされねばならぬ。その時だけ人は真の希望で自分自身を救う事ができる。しかしながらギリシャ神話の逆説には世界の中の悪意や疫病が入っており開けてはならない箱がパンドラの箱。今、世界に悪意、犯罪や病があるのは箱を開けてしまったからだ。しかし箱に唯一、残されていたのは希望だ。それ故に人は希望を胸に生きてゆける。しかし何故、希望が入っており尚且つ残っていたか?それは希望が人間を惑わす一番手に負えないものだからだ。絶望を手に入れてからこそ希望を手に入れるのだとわたくしは思う。見え透いた希望など浅はかで本質的ではなく打算的である。もがき苦しみ付きまとう輪廻転生の業。名は体を表す。生まれ落ちた瞬間から個々の印が額に刻まれている。チャクラが開かれた時、楽になるであろう。

浮遊

着色された砕片が回りだし記憶を辿る。触れた皮膚の感触と骨格を思い出す。男女のオートクチュール。肉の重みを知った時、大人になる。それが当たり前になった時、産まれた時の事を考える。快楽を失う。原子の海に投げ出されシナプスが泳ぎ回る。苦味を帯びた羊水の中で微かに声を聞く。この世に産まれる事を拒み続けたわたくし。生きる屍となり前へと進む脚力を亡くす。一緒に泳ぎましょ?誰かの声がする。姿が見えない兄か姉の声。本当は一人っ子ではなかったのだ。波の音がする。漂いながら辿り着いたこの場所で静かに息をする。呼吸は泡となり細胞分裂を繰り返す事など無く暗い海を浮遊する。生まれ変わる事も無く。

空高く

手から細く長い糸がすり抜けた瞬間、空を見上げた。目眩がした。太陽の光が眩しく瞬きの間に風船はどこかへ消えていた。大切にしていたのに。
どうして風船って手から離れてしまうのだろう。
子どもの頃には気がつかなかった。身体のどこかに絡めておかないと離れてゆくという事を。例えそれがどんなにも細かろうと強く握り締めていないと。わたくしの下腹部に抱きつき身体を丸めていた男の頭をずっと撫でていた。わたくしの顔を見上げお腹の中に還りたい。と、言った。私は貴方のお母さんじゃないのよ、それでもいい?と、訊ねるとあどけない表情で、うん。と、言った。
風が吹いていた。記憶が蘇った。
どうして風船って手から離れてしまうのだろう。
どうして風船って手から離れてしまうのだろう。
掴んでいないと駄目だと思った。風が吹いている。小さく丸めていた男の背中をしっかりと抱いた。それでもすり抜けてしまう気がして男の髪の毛に指を忍び込ませた。絶対に誰にも渡さない。
風が吹いていた。嬉しかったのだ、風船を貰って。家族三人で歩いて幸せだったのだ。
風が吹いている。
わたくしの握力は子どもの頃のままであった。
掴み取れなかった。
愛していたのに。
大好きであった。
手を離すなと言ったのに。
無力だった。
空へと消えた。もう誰の物なのかも分からない。