読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

lynnosukeのブログ

愛なんてそこじゃなくて生きてるだけじゃ足りなくて

閉ざす口

人前で食べるという事が苦手そうな方がいた。お腹が空いている。と、言うのでわたくしが友人に買ってあげたパンを分けたのだが食べない。それでもお腹が空いている。と、言う。ようやく食べ始めたのだがわたくし達の方は見ないで食べていた。その方が帰った後に友人と話をした。通常なら学校給食や学食やお弁当など必ず人前で食べてきているじゃん、あれだけ恥ずかしがるのって食事中に何かしらあったよね?お弁当が恥ずかしくて隠しながら食べる人もいるじゃない、いじめられて人前で食事をするのが恥ずかしいとか。人によっては食べる行為が排泄を見られるぐらい恥ずかしいって言うじゃん。そうですよね、僕達の前でも隠す様に食べていましたよね。きっと学生の時にはお昼は食べていないよ、親からのお弁当を断るも学食でも食べられず。そのせいもあってか痩せていた。わたくしは中学生の時にボランティアスクールに入っていたので聾唖者施設に泊まっては知らない人達と一緒に食事をしたり大勢の生徒と船での共同生活も経験している。規律下にいる様な感覚で嫌いであったが人見知りの克服と協調性を養う為であった。追々、話が聞こえてきたのはやはり学校でいじめに遭いお昼は食べていない、食べている姿を見られるのが恥ずかしい。両親が高齢である。きっと周りの同級生とは明らかにお弁当のカラーが違うのだ。仕事も一人でする仕事を選んできたと。人前で一人で食べる事にも勇気がいるのだと考えさせられた。他の人でも今まで食事に誘ったが頑なに拒みコンビニでおにぎりを買って車内で食べている人もいた。集まっていてもみんなの前では食べないのである。そんなわたくしはパニック症から嘔吐恐怖症と外食恐怖症を発症してしまったので友人達と外食をしていたのが懐かしくも賑やかな思い出である。友人宅の親の料理も数多く食べてきた。 子どもの時からわたくしの両親は遊びに来た友人に食事を用意したりお泊まり会も頻繁にあった。家庭料理とは個々が育ってきた環境なので恥ずかしがる事はないわけでそれがいつしか人前で食事をする事が出来なくなるという事、身内以外で食事をするのが出来ないと空腹にも耐えるのかと思うともの悲しく感じた。一度目は恥ずかしがって食べていたので二度目の時には持って帰って食べな。と、言った。話す為に開かれる口は外へ向けてだが口を開け咀嚼をし飲み込むという行為は別物なのだ。時には性的な意味をも持つ。恥ずかしくても当たり前なのかもしれない。

現実逃避

二十三歳まで休日になるとお昼過ぎに起きシャワーを浴びてから呑んでいた。夕方に寝て夜からまた呑む生活をしていた。この間、全く休日が無い期間もあった。受付の仕事の他に土日、祝日は生え抜き集団といわれる営農組合で鉄筋を組んでいた。事務屋が何をしに来た。と、開口一番に言われ仕事の内容を聞いても無視をされた。後半はうちで何とか働けないか?と、言われ続けていたが高校生の時に行っていたバイト先から引き抜かれたので新庁舎での特例での任期継続も断った。現場仕事が好きで鉄筋や土や苗の管理を一通りは覚えていたからである。冬場は歯科助手。母が難病を発症をしてから冬場は働かなくなった。パニック発症前にも休日はあったが車の運転があったので呑んではいなかった。そして発症後は服薬をしているので呑むのは夜だけであった。断薬一年八ヶ月を過ぎた今、昨年の五月からたまにお昼から呑む様になった。約十年振りのお昼呑みは美味しかったのだが痛みを紛らわす傾向があり量が増えた。最近では不随意が強く座っているのにも疲れるので寝たきり生活をひと月。今日は王子さんがサッカーでおらず明日のお弁当の用意も無いのでビールを呑んでいるがやっぱり不味い。昨夜も痛みで気を失っていたぐらいであるからアルコールを分解する身体ではないのだと思う。先月は生理が無かったので下腹部に痛みがある。しまいにはずっと胃が痛いのである。痛みばかりである。お酒好きがお酒を呑めなくなったら何でストレスを発散を出来るのであろうか。仕事でストレスを発散していた人間が寝たきりとなり視神経の痛みから映画も観られない。音楽は聴ける様にはなったのだが映画、音楽、ファッション、趣味の殆どを奪われる生活を十年あまり。先日はダンススクール時代の友人に怒られた。そもそもパニック発症は人の事を世話してなったのだからしっかりとしてくれと。どこの男を囲っているのかは知らないけれどそんな事をしているから治りも遅かったのだと。その間に膝の手術をしているのでダンスなど踊れるわけもない。あちこちの靱帯も切っている。前みたいな人間に戻って欲しい。と、言われたがわたくしは静かに暮らす事を望んでいる。自分の身体は自分が良く分かっているので昨年九ヶ月間わたくしが支えてあげるからと無理をして行きつけのショップに通った。断薬一年八ヶ月間もかなり無理をした。周囲が波風を立ててくれる方がストレスになるのだ。前みたいな人間と言われてもわたくしの本質は変わってはいない。友人の言う事は分かる、クラブで攻撃的なステップを踏みながらフロアーの真ん中で踊っていたのを覚えている。ハットを目深に被っていたが誰しも直ぐにわたくしだと分かりフロアーの真ん中を開けてくれるのだ。それすら叶わない想いはとっくに捨てている。富と名声は危ういのだ。十代の頃を知っている人に言われた。パニックを発症してもりんちゃんはりんちゃんで何も変わらなかった、制約をされた生活の中でも。それがどんどんと独りになろうとしていると。あれだけ大人数で連んでいたのに、何かあった?と。わたくしは一人っ子なので元来一人が好きなのである。ワインが冷えた頃なのでワインにシフトをする。いいご身分ですね。

滑り込む夜

能動的にわたくしを床に座らせた男性は背後から膝立ちでわたくしの顎を上げた。逆さまになった顔を近づけわたくしの口の中に煙草の煙を入れた。夜道を歩いていた時に呑み屋から出てきた男性に声をかけられた。無視をし通り過ぎたがもう一度、声をかけながら千鳥足で近づいて来た。どこ行くの?父のお見舞いの時のカメラのSDカードを買いに。じゃあさぁ、終わったらまたここに来て、俺、待っているから。買い物からの帰り道、そこに行くと地べたに座り込みながら本当に待っていた。酔っているだけではなく目が悪いという男性は両手でわたくしの両頬を包み、顔見せて。と、笑顔で顔を近づけてきた。男性は呑み屋で貰った伝票の裏に電話番号を書いてくれた。次の日の夜に電話をしてみた。酔っていて覚えてはいないと思いながら。電話をすると名前も覚えていてくれた。明後日の夜に一緒にどこかに行こう。と、お誘いを受けた。職場の近くからの夜景が綺麗だからそこに連れて行ってあげる。街灯も無い道をヘッドライトの灯りだけで進んだ。この間、俺さぁ、眼鏡していなかったでしょ?今日は眼鏡をしているからバッチリ顔が見えるからね。こうやってたまに一緒にどこかに行かない?嫌だったらいいけれど。ううん、いいよ。男性は笑顔になった。思えば初めて会った時、この笑顔に安心感があったのだ。夜になると度々あちこちに連れて行ってくれた。峠を越えて夜の湖に行った。男性もわたくしも湖が好きだという理由から。真っ暗闇の中、手を繋ぎ湖の辺を歩いた。腰を下ろしわたくしの背後から抱きながら静かに湖の音を聞いていた。寒くない?うん。わたくしの肩に顔を置きながら男性は言った。好きだよ。えっ?と、振り返ると同時に唇が重なった。受動的に両耳を手で塞がれていたので絡まる舌の音が大きく聞こえた。展望台へ行くとひっそりとした空気に包まれていた。男性は展望台の太い柵にわたくしを腰掛けさせるとわたくしの両脚を持ったまま激しく舌を絡めてきた。帰り道の車内ではずっと手を握っていてくれた。時折、煙草を吸う為に手を離すとわたくしは男性の腰に手を回し抱きついていた。約束をされる将来像というものは無かった。この男性とはある理由から疎遠になった。

退廃的温度

昼から夜なのかも分からない薄暗い部屋で抱き合っていた。俺はいつも君の背中を追いかけていたんだよ?すぐいなくなるでしょ?ずっとこうしていたい。わたくしは何も言わなかった。何故ならばずっと一緒などないのである。それが死別であれ価値基準が変われば別の対象へ合致する。愛される資格もないと思っているから優しくされると申し訳なくも感じる。その代わりに相手を強く想う。部屋の中に設置されている温風暖房機は天井ばかりを暖め座っているわたくし達を暖めてはくれない。座っていた彼が着ているセーターの中に潜り込んで首を無理やり出した。セーター伸びるよ?いいじゃん、次からは楽に入られるもん。そっか、そもそも君のスカートが短いから寒いんだよ、それで学校に行っているの?短すぎるよ。と、言いながら近くにあったコートを膝に掛けてくれた。夜ご飯どうするの?食べに行く?いや、君が料理を出来る様にこの部屋を借りたんだよ、何か作って。宿題をしてくれたらその間に作ってあげる。彼は宿題をしてくれた。料理をしていると、君が解らないで飛ばしてあるところをね、教えてあげるからおいで。真剣な表情で方程式を教えてくれた横顔をずっと見ていた。ちゃんと聞いているの?あれっ、君ストッキングが伝線しているよ。破いてもいいよ?彼はストッキングを破いた。わたくしの両手を上げストッキングで縛った。そしてブラウスのボタンを外したので、お腹にクリームを塗ってするといやらしい音がするんだよ。と、言うと彼は冷たいクリームをわたくしのお腹の上に置いた。徐々に温まるクリームの激しい音がした。縛り上げられた手首で彼の首の後ろに回し体を支えた。お腹の上のクリームが肌に浸透をした頃、別の白い体液が放出された。部屋も暖まりオーブンで焼いていた鶏肉のホワイトソース煮がいい匂いを放っていた。結婚をすると思ったがわたくしから別れた。

春だけの幸せ

みんな自動車学校を卒業しているけれど待ち時間に暇だろうから遊びに行ってやる。と、言ってくれた。ある日の事、友達が来なくて暇であったわたくしは食堂のマスターと話をしていた。夕方になり食堂内が薄暗くなってきたのに電気を点けないのでマスターに電気は?と、聞くと、節電中。と、言いながら、りん姫は紅茶が好きだよね、淹れたから飲んでごらん。ピンときた。少しだけブランデーを入れたよ。と、言いながらわたくしの横に座り抱きついてきた。流石に毎日フライパンを振っているだけある、腕力が強い。そしてズボンの中に手を入れてきた。抵抗をし天井に目をやると手錠がぶら下がっていた。なんとか振りほどいて授業に行った。夕方、誰が迎えに来てくれるのかなぁ?と、待っていると他校に通っていた友達の同級生である自動車学校で知り合った好きな方が来てくれた。車の中でマスターにされた事を告げ家まで送ってもらった。次の日、授業が終わるとその方と他に五人も来ていて驚いた。りんがご飯を食べている間、周りを囲っておいてあげるわ。マスターはいつも通りに接してきたがみんなの目つきは怖かった。りん今日、焼き肉に行くか?○○○○。焼き肉店の名前を言った。マスターの兄弟のお店である。みんなと何処かへ行く時はわたくしとは逆方向の彼が必ず送り迎えをしてくれた。カラオケ店に行った時、仰向けになっていた彼の横に座っていると手を握られそのまま彼の股間の上に手を置かれた。周りからは見えない様に繋いだ手の上にクッションで覆われた。空き時間にドライブに連れて行ってくれた。みんなと居る以外はいつも横にいてくれた。景色、見える?と、わたくしを車のボンネットに乗せてくれた。好きだと言ってしまえば必ず別れが訪れる。授業が休みの日、部屋に居ると電話が鳴った。時間があるから遊びに行ってもいい?うん。車の音がしたので外まで迎えに行った。早く会いたかったのだ。車から降りた彼の髪の毛は濡れていた。初めて濡れた髪の姿を見て色気を感じた。髪の毛、濡れているね。仕事で汚れたからシャワーを浴びてきた、乾かす時間がもったいないからそのまま来たよ。と、目にかかっている濡れた前髪の間から見た事がない目つきでそう言った。その目つきと同じ熱量で見つめた。夏も終わる頃にバレーボールの練習を見に行った。物凄い練習量に彼の髪の毛は汗で濡れていた。ジャンプと同時に弾ける髪の毛を見た。目に焼き付けた。その日を最後に会ってはいない。

ミディアムなコア

友人がわたくしの誕生日を祝うというのでレストランに行った。コース料理でメインはステーキ。店員が焼き加減はどうなさいますか?と、聞き、友人のたぁちゃんはミディアムレアで。と、言った。店員はミディアムもレアもたいして変わりありません。と、言った。約二十年前の話である。たぁちゃんは頼んだワインを呑んで上機嫌になっていた。えんちゃんは何故かフィレオフィッシュについて熱く語り始めた。要するに白身魚が好きでタルタルソースとの相性はハンバーガーのケチャップやデミグラスの様な当たり前を覆すんだよ、だって白身魚に白いタルタルソースだよ?と、言った。わたくしは混乱の最中ある事に気がついた。えんちゃんが言いたいのは同色同士で合う味って事かい?例えばホワイトソースにチーズみたいな。えんちゃんは俯き言った。いや、違う。俺は白身魚が好きなんだ、うん。と、納得をしながら今日のミディアムを食べていた。訳が分からなかった。酔ったたぁちゃんはカラオケに行きたい。と、言うのでわたくしはたぁちゃんのBMWに二人を乗せた。たぁちゃんは俺から唄うよ!と、選曲をした。ハァァァァァァァッ!と、たぁちゃんの甲高いシャウトが響いた。三人でカラオケに来たのは初めてでわたくしは歌を唄わない。たぁちゃんはエアロスミスを唄いテンションマックスでソファーに足をかけた。その重みでわたくしはソファーから転げ落ちた。今日の主役である。二人を送ると携帯電話が鳴った。二人と同じ会社の掘りちゃんからであった。プレゼントがあるから寮までおいで。と、言ってくれたので寮へと行った。ミディアムレアからフィレオフィッシュエアロスミスの話を伝えた。するとひっきりなしに鳴るわたくしの携帯電話を見て誕生日だけあって賑やかだね。と、言ったのだが、違うんだ、イタズラ電話なの。どら、俺に貸してみ。掘りちゃんが電話に出るとイタズラ電話の相手はハァハァとしながら今日のパンティー何色?と、言った。掘りちゃんは「透け透けの黒!」と、言い電話を切った。そしてわたくしにこう言った。今日のパンティー何色?ここにも変態がいた。そしてわたくしの慌ただしい誕生日は終わった。今でも思う、あの時えんちゃんはステーキではなく白身魚を選びたかったのだと。

太客

本来サクラというものは毎回毎回、自分の名前を変えなければならない。が、わたくしは声のトーンを変える事はできず言葉のイントネーションも独特らしくそのまま「りん」で名前を通していた。これは逆に言えば暇な素人のりんちゃんが電話をしている。という事となる。よくかけてきていた男性がいた。お互いに初めまして。の声ですぐに分かる様になった。店外から電話をしたいから俺の番号を教えるね。と、教えてもらったがそうするとこちら側にアルバイト代金は入らないのである。心理戦。いつも長電話の男性に対し用事があるからと素っ気なく電話を切る。半月後、繋がった電話には久しぶりに話せると喜ぶ男性、長電話。これを何カ月か繰り返し良心の呵責に苛まれたわたくしは自分から男性の携帯番号にかけた。